姿勢とボディメイクを考える

理学療法士です!自分自身が事故にあってから特に姿勢を勉強中です

握力はなぜ測る?意外な握力の秘密と年齢平均:弱いとどうなるの?

 bodymakerptです。

 

 

 今回は握力について書いていきます。

学生の頃の体力測定や健康診断でも握力の測定がありますよね?

あれってなんの意味があるのでしょう?

 

実は握力っていい指標です。

 

レッツ……グリップgrip!!

f:id:bodymakerpt:20191104170118j:plain




 

 

 

 

 

握力はなぜ測る?

 握力は上半身の筋肉を総合的に計測できる簡便な方法として、計測されています。また最近では、下半身の筋肉・筋力とも相関があるという報告もあります。

 

つまり、

握力測定をする理由=全身の筋力をある程度推定できる

です!

 

もちろん上半身が関連するのは想像できると思いますが、他にどこの筋力を推定できるのでしょうか!

 

①上腕二頭筋(力こぶ)

②大腿四頭筋(太ももに筋肉)

③腹筋

④背筋

と、本当に手足に体幹との関連があります。

 

年齢別の平均はどれくらい?

f:id:bodymakerpt:20200116205228p:image

文部科学省 年齢別テストの結果より引用

 

 みなさんの握力と年齢の平均のとの差はどの位ありましたか?

 ちなみに僕は平均より約15kg程度弱いです.............

 

じゃあ他の筋肉と関連があるのはわかったと思いますが、僕の様に弱いとどうなるのでしょう?

 

握力が弱いとどうなるの? 

※これから書くことはすべての人に当てはまるわけではありません。

 

握力の弱い人の特徴を書いていきます!

①上でも述べましたが全身の筋力が弱い

②バランスが悪い

③筋肉の量もすくない

④歩く時の体力・持久力が低い

⑤総死亡リスクが上がる

⑥循環器病(脳卒中・心臓病)の発症リスクが上がる

⑦脳機能の低下のリスクが上がる

 

などなどといろいろと怖いデータがそろっていますが、

なぜ握力とこれだけの健康や寿命との関係があるのでしょうか?

 

握力が強い=全身の筋力が強い

⇓⇓

全身の筋力が強い=基礎代謝が高い、生活習慣が良い

⇓⇓

基礎代謝が高い、生活習慣がよい=生活習慣病のリスクが下がる

⇓⇓

生活習慣病のリスクが低い=死亡率が下がる

こんな流れだと思います。

 

握力の鍛え方

 

実は握力は懸垂(チンニング)にも関係しています↓↓

www.bodymakerpt.work

 

鍛える方法を箇条書きで紹介!

①グーパーを思いきり行う

②懸垂

③グリップボール

④重りを持ち、手首を力こぶの方向に曲げる。

⑤ボールを投げる

⑥壁を押す

⑦ボルダリング

⑧ボーリング

⑨ハンドグリッパーを使う

⑩雑巾絞り

⑪指立て伏せ

 

 

最後に

僕の握力は右32kg、左30kgです、平均を下回っています…

鍛えます。

今回は以上です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。よろしければ下のバナーのクリックをお願い致します。

 

こちら➡
運動ダイエットランキング

こちらも➡にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村