姿勢とボディメイクを考える

理学療法士です!自分自身が事故にあってから特に姿勢を勉強中です

ヨガの三角のポーズで膝が痛い:効果効能について解説

bodymakerptです

 

ヨガシリーズの第3弾です!

今回はヨガと言えばこれ!

よく知らない方でもこのポーズはみたことがありますよね!

そう、今回は三角のポーズについて解説します!

 

では早速、レッツ…..ヨガズトライアングル!

 

f:id:bodymakerpt:20200128221941j:plain

 

三角のポーズで膝が痛む場合

 原因は、大きく3つが考えられます。

①股関節が固い

②足首が固い

③膝のお皿回りが固いです。

 

それぞれが複合している場合も多いと思います。

体を傾ける側のつま先の向きを変える時に、①②③のどこかが固いことで、膝にねじれるストレスがかかってしまい、痛みに繋がってしまいます。

 

対処法

①の股関節に関しては、股関節がしっかり開くようにストレッチが有効です。

 

②の足首が固い場合は全体的に足首を動かすのと足の指の滑走をよくしましょう!

また、足の踏ん張りが効かない場合も膝に負担が大きくなります。

www.bodymakerpt.work

 

 

③の膝が固い場合は、特にお皿回りをしっかり柔らかくしましょう!

 

三角のポーズとは 

三角のポーズはこんなポーズです↓↓

 

やり方とコツ

文章にて解説しますがイメージしにくい方は動画も載せますので合わせて確認してください。

 

①両足を広げる

②両手を床と平行に広げる

③体を傾ける方向の足の向きを変える(動画では右)

④一度右に重心移動

⑤重心移動の後、手を膝下につける

⑥反対の手は天井に

 

コツとしては、

・重心移動を行う時に体が前後にねじれない事。

・目線も指先へもっていく事。

・足先の向きを変える方の足は親指の付け根に体重を乗せる事。

・足先の向きを変えない方の足は小指側で踏ん張る事。

 

 

 

 

効果

三角のポーズの効果はどんなものがあるでしょうか!

①背骨の柔軟性を改善する(腰痛予防)

②バランス感覚が養われる(足の指を意識する事で)

③肋骨の柔軟性を高める(呼吸しやすさUP)

④くびれができやすい体になる

⑤左右の体の歪みの改善(整体効果)

 

大きな効果はこんなところでしょう!

 

家から徒歩0分のヨガスタジオ

最後に 

今回は以上です。

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると励みになります。

  

こちら➡
運動ダイエットランキング

こちらも➡にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村

 

キレイになるって快感!お嬢様酵素withベストセレクションパック2箱定期便

ブロトピ:今日の健康・医療情