姿勢とボディメイクを考える

理学療法士です!自分自身が事故にあってから特に姿勢を勉強中です

ウエストを引き締める:即効性のあるダイエットを紹介!お尻と下腹

 どうもbodymakerptです。

今回はタイトルの通り、ウエストのサイズを引き締めるトレーニングを紹介します。

食事には今回触れていません。すべてエクササイズですので興味のある方は最後まで読んで見て下さい。

 

 

 

 

ポッコリお腹と骨盤

 

f:id:bodymakerpt:20190520191803j:plain

 

 

ポッコリお腹の人は骨盤が後傾し、上の図で言う右側です。

骨盤後傾が起こっている人は前方の筋肉(腹筋・腸腰筋)が短縮し、後ろの筋肉(多裂筋・殿筋)が上手く働いていない事が多いです。

 

 

つまりこの前と後ろの筋肉を正しい位置に戻すだけで、内臓の位置も変化し、ウエストが引き締まる可能性が大いにあります。

では早速、何をすればよいのか紹介していきます。

 

おすすめストレッチ

・体を反る

 

腸腰筋のストレッチ



 

筋トレで重要なのは

引き延ばした位置で腹筋

お尻の筋肉をがしっかり使える 

 

エストを引き締める為には上記の二点が重要です!

 

筋肉は普段使っている長さで働くようになっています!

つまり、骨盤が後傾していると腹筋・お尻の筋肉は縮んだ状態で働こうとします!

 

腹筋では

①お腹を凹ましてから腹筋をする

 

②お腹を凹ましてからひねる

 

③余裕があればお腹を凹ましながらお尻の穴を締める

最強お尻の筋トレ

ズボンのウエストで重要なのは、意外とヒップサイズです。

お尻を引き締める最強のエクササイズはこちら↓↓

・両方の踵をつけて90°開く

・膝が開かない様に内ももに力を入れる

・余裕があればお尻の穴を締める

中々負荷が高いので、一日⑩回×3セットから始めてみて下さい。

 

 

この記事を読んだ方へおすすめ記事はこちら↓↓

www.bodymakerpt.work

www.bodymakerpt.work

 

最後に

今回は以上です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。よろしければ下のバナーのクリックをお願い致します。

 

こちら➡
運動ダイエットランキング

こちらも➡にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村