姿勢とボディメイクを考える

理学療法士です!自分自身が事故にあってから特に姿勢を勉強中です

効果抜群のボールストレッチの方法とストレッチの場所を紹介!!

bodymakerptです

 

今回はボールを使ったストレッチについて書いていきます。

タイトルにもある通り、効果抜群なので是非読んで実践してみて下さい!

 

では早速、レッツ…..ボール!!

f:id:bodymakerpt:20191202002959j:plain


 

 

ボールストレッチ(ダイレクトストレッチ)とは 

 

そのままの意味ですが、ボールを使ってストレッチをします!

ダイレクトストレッチとも呼ばれます。

イメージとしては、指圧をボールを行うといったストレッチ方法です。

 

使うボールは大体③種類です。

①テニスボール(硬式)

②野球ボール(軟式・硬式)

③ゴルフボール

です。

 

やり方

初めに試す場合はテニスボールで行うことをお勧めします。

 

ボールの使い方も2種類⇓⇓ 

 

・筋肉に対してゴロゴロ転がして行う方法(マッサージに近い)

 

軽く気持ちいいくらいの圧迫感で壁や床を使ってゴロゴロ転がしましょう。

 

足の裏などはゴルフボール、肩回りや足などはテニスボールがおすすめです。

 

・筋肉に対してピンポイントで押し付ける方法(指圧に近い)

 

やり方は簡単で、最低15秒から30秒間ストレッチを行いたい部分にボールを当てて押し付けます。 

 

少し固めの軟球や硬球でもOK!

 

凝っている部分や気になる所をに当て、壁・床でボール挟み、押し付けるだけでもOKですが、押し付けながら何度かその筋肉に力を入れると効果的です!!

 

おすすめの部分 BEST5

おすすめの部分を5つ紹介します。

①肩甲骨の真ん中(棘下筋)

f:id:bodymakerpt:20191202230054j:plain

文字通り肩甲骨の真ん中で、五十肩の方はここを痛がる方が多いです。

ぐーっと押し付けると痛みが強い為、テニスボールを使い、壁でゴロゴロするのがおすすめです。

 

 

②腰(腰方形筋)

f:id:bodymakerpt:20191202230403j:plain

 

骨盤を引き上げる筋肉である腰方形筋ですが、腰痛のかたが固くなっている場合が多い印象です。

 

固さにもよりますが、軟球で床を使って仰向けでギューッと押すのがおすすめです。

 

③大腿筋膜張筋

f:id:bodymakerpt:20191202234014j:plain

お尻の横部分を行うと、膝の痛みや股関節の痛みが軽減する事があります。

 

変形性股関節症の方はここを過剰につかう為、痛みが出やすいです。

 

横向きに寝て、軟球でギューッと抑えるのがよいでしょう。

 

④おしり(殿筋)

f:id:bodymakerpt:20191202230840j:plain

 

腰痛だと思っていたらお尻が原因だったとかはよくあります。

 

この骨盤に沿ってギューッと軟球or硬球で押し付ける+力を入れるのが一番おすすめです。

股関節の柔軟性にも関係する為おすすめですよ!!

 

⑤膝のお皿の上

 

f:id:bodymakerpt:20191202234513j:plain

 

膝のお皿の上と外側には疲労がたまりやすい為、おすすめです!

 

ここはうつぶせor横向きでテニスボールゴロゴロがいいでしょう!

 

 

おすすめ記事↓↓


www.bodymakerpt.work

 


www.bodymakerpt.work

 

最後に 

今回は以上です。

ランキングに参加しています。

下のバナーをクリックして頂けると励みになります。

  

こちら➡
運動ダイエットランキング

こちらも➡にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村

 

キレイになるって快感!お嬢様酵素withベストセレクションパック2箱定期便

ブロトピ:今日の健康・医療情